News

新着情報

【海外ロボット情報】ポイ捨てごみをスマートに減らす。アイデアが光るごみ対策テクノロジーをご紹介

本日、弊社noteにて、ポイ捨てごみの対策になり得るロボット等をご紹介しました。 「Baryl」は自立走行で移動するごみ箱で、人々はBarylを呼び出してごみを捨てることができます。スマートごみ箱「BigBelly」は日本でも導入実績があり、ごみの圧縮やソーラー発電など様々な機能を備えています。日本発のごみ拾いSNS「ピリカ」はごみ拾いを楽しく、手軽に始められるツールです。 記事は下記リンクよりア…

【海外ロボット情報】3,200時間以上をスタッフに還元?配送を遂行し医療現場をサポートするロボットアシスタント「Moxi」

先日、弊社noteにて、医療現場向けのロボットアシスタント「Moxi」をご紹介しました。 Moxiは配送に特化したロボットです。ボディについた引き出しにものを入れ、指定の場所まで自走して必要な人に必要なものを届けます。とある病院では、Moxiの利用により3,200時間以上がスタッフに還元されたそうです。 記事は下記リンクよりアクセスいただけます。 3,200時間以上をスタッフに還元?配送を遂行し医…

【海外ロボット情報】遠隔操作で目的の場所にアクセス。テレプレゼンスロボット「VGo」と受付タスク自動化アプリで医療現場を支援するVecna Healthcare社

本日、弊社noteにて、テレプレゼンスロボット「VGo」と医療現場向けの受付タスク自動化アプリをご紹介しました。 これらのプロダクトはVecna Healthcare社が提供しています。VGoは遠隔での診察や巡回を可能にするほか、患者が外の世界とつながるツールとしても利用されています。受付タスク自動化アプリは、患者がオンラインで予約・受付を行うことができ、医療スタッフも患者の情報を管理しやすくなり…

【海外ロボット情報】在庫切れや落下物を検知しスタッフに知らせる。店舗運営改善・顧客サービスの向上につながる小売業界向けロボット「Badger」のソリューション

本日、弊社noteにて、自立走行で在庫状況や商品の配置をチェックするロボット「Badger」をご紹介しました。 Badgerは店舗運営の改善・運用コストの削減・利益の増加の実現を目指す、小売業界向けのロボットです。実際にBadgerを導入したスーパーマーケットでは、「スタッフの労働効率や顧客サービスが向上し、さらにリスク管理のためのデータも取得できる」と高い評価を受けています。 記事は下記リンクよ…

【海外ロボット情報】テクノロジーの力でインフラ設備を保護・維持する。壁を登る非破壊検査ロボット「TOKAシリーズ」

本日、弊社noteにて、壁を登り非破壊検査を行うロボット「TOKAシリーズ」をご紹介しました。 TOKAシリーズはGecko Robotics社が提供するロボットです。手作業での検査に比べて平均10倍の速度で連続的にデータを取得し、1,000倍以上の情報を収集できるそうです!より正確で安全な設備保護の方法として注目されています。 記事は下記リンクよりアクセスいただけます。 テクノロジーの力でインフ…

1 2 9
資料請求