News

新着情報

【海外ロボット情報】在庫切れや落下物を検知しスタッフに知らせる。店舗運営改善・顧客サービスの向上につながる小売業界向けロボット「Badger」のソリューション

本日、弊社noteにて、自立走行で在庫状況や商品の配置をチェックするロボット「Badger」をご紹介しました。 Badgerは店舗運営の改善・運用コストの削減・利益の増加の実現を目指す、小売業界向けのロボットです。実際にBadgerを導入したスーパーマーケットでは、「スタッフの労働効率や顧客サービスが向上し、さらにリスク管理のためのデータも取得できる」と高い評価を受けています。 記事は下記リンクよ…

【海外ロボット情報】テクノロジーの力でインフラ設備を保護・維持する。壁を登る非破壊検査ロボット「TOKAシリーズ」

本日、弊社noteにて、壁を登り非破壊検査を行うロボット「TOKAシリーズ」をご紹介しました。 TOKAシリーズはGecko Robotics社が提供するロボットです。手作業での検査に比べて平均10倍の速度で連続的にデータを取得し、1,000倍以上の情報を収集できるそうです!より正確で安全な設備保護の方法として注目されています。 記事は下記リンクよりアクセスいただけます。 テクノロジーの力でインフ…

【海外ロボット情報】芝刈り作業の危険を取り除き、人手不足を補う。自立走行型芝刈りロボット「Scythe」への期待

本日、弊社noteにて、自立走行にて芝刈りを行うロボット「Scythe」をご紹介しました。 Scytheはアメリカ発の電気式芝刈りロボットです。人が運転する必要がないため、芝刈り機による事故の危険を低減し、人手不足を補うことができると考えられます。 記事は下記リンクよりアクセスいただけます。 芝刈り作業の危険を取り除き、人手不足を補う。自立走行型芝刈りロボット「Scythe」への期待

【海外ロボット情報】どんな場所でもどんな作業もそつなくこなす。アメリカ発の四足歩行ロボットとその導入事例

本日、弊社noteにて、様々な作業を自動化する四足歩行ロボット「Spot」をご紹介しました。 Spotは搭載されたカメラで障害物を回避しながら自走し、屋内・屋外の様々なシーンで活躍します。 危険な場所での点検や自動撮影を行うことによって、従業員の安全性の向上や業務の効率化に役立っています。 記事は下記リンクよりアクセスいただけます。 どんな場所でもどんな作業もそつなくこなす。アメリカ発の四足歩行ロ…

NEXCO東日本と共同でアバター接客「KSIN」の実証検証を開始します

株式会社ユニキャスト(本社:茨城県日立市 代表取締役:三ツ堀裕太 以下、「ユニキャスト」)と、株式会社デジタル・フロンティア(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:植木英則 以下、「デジタル・フロンティア」)は、東日本高速道路株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:小畠徹 以下、「NEXCO東日本」)のアクセラレーションプログラム『ドラぷらイノベーションラボ』に採択されたオンラインでのアバタ…

1 2 8
資料請求